• HOME
  • 編成表
  • 理事・学生委員
  • 過去の記録
  • リンク
  • 大会リンク
  • ▼大会リンクページ NEW

     

    Information

          2017年度テーブルスコア

    平成28年度関西学生バスケットボール1部リーグ戦 VOD放映中!→

     ustv

    学連の活動にご興味ある方は
    いつでもご応募ください!

     学連委員募集!

    Line Stamp"ラブバスケ"販売中

     ustv

    連盟事務所アクセスマップ

    大阪市中央区大手前1丁目7-31
    OMMビル 13階 L1

     

    カテゴリー:展望平成27年度関西学生バスケットボール選手権大会

    平成27年度関西学生バスケットボール選手権大会 展望

    Aブロック

    近畿大学

    昨年度、関西選手権大会・西日本選手権大会・リーグ戦と、みごと三冠王に輝いた近畿大学。その戦力として、言わずと知れたソウ(4年•沼津中央高)が安定感のあるリバウンドと得意のダンクで会場を沸かせ、チームの司令塔である室垣(4年•近畿大学高)が粘り強いディフェンスと攻撃的なゲームメイクを展開する。また、昨年度男子ユニバーシアード日本代表チームの候補選手にも選出された藤田(4年•西海学園高)が、キャプテンとして自らの積極的なプレーでチームを牽引する。今年度も優勝候補であること間違いなしだ。

     

    大阪産業大学

    アウトサイドシュートを狙いながらゲームメイクも行う、スマートなキャプテン辻(4年•洛南高)、身体能力が高く、リバウンドやルーズボールからファストブレイクで先頭を走るオールラウンダー福原(3年•東山高)、体を張ったインサイドプレーでチームを牽引する玉井(3年•和歌山工高)など、選手に不足はない大阪産業大学。ONE FOR ALL, ALL FOR ONEを合言葉に、10年ぶりのタイトル獲得を目指す。

     

    龍谷大学

    流れをつかむと強いチーム力を発揮する龍谷大学。安定したシュート力と力強いリバウンドを兼ね備える橋本(4年・城陽高)、鋭いドライブを得意とする吉田(4年・東山高)、抜群のドリブルテクニックが持ち味の山下(4年・小林高)と、特にこの3人は要チェックだ。今大会でどれだけの存在感を醸し出してくるか楽しみである。

     

    大阪経済大学

    昨年度の関西学生バスケットボールリーグ戦で見事1部リーグ昇格を果たし、新チームになり、勢いが増している大阪経済大学。スピードのあるドライブを武器にゲームをコントロールする杉谷(4年・長崎日本大学)やボールを貰えば華麗なシュートフォームでリングにしずめる橋本(4年・金光藤蔭高)。また、昨年活躍が著しかった重本(3年・枚方なぎさ高)は、得意の高いジャンプ力を生かしたリバウンドでどんな活躍をしてくれるか楽しみだ。

     

     

    Bブロック

    京都産業大学

    「観る人に感動を与えるバスケットを。」そんなチーム精神を持つ京都産業大学。要となるのは、正確無比なシュート力でチームを引っ張る、気持ちあふれるキャプテン小林(4年•大商学園高)、インサイドプレーでチームを支える大黒柱、井林(4年•山城高)、オフェンスを巧みに操る昨年度のアシスト王、大西(4年•城陽高)の3人である。今大会、悲願の優勝なるか。

     

    立命館大学

     立命館大学はキャプテンシーでチームをリードする上田(4年・宇部工業高)のより磨きをかけたアウトサイドシュートを筆頭に自分たちらしいプレーで優勝を目指す。目標達成のためにチームを支えるルーキーにも注目だ。竹村(2年・洛南高)は攻守ともにコート内を駆け回るアグレッシブなガードで激しいディフェンスが持ち味だ。原田(2年・大阪商業大学高)の高い身体能力を活かしたオフェンス力と誰にも負けない粘り強いリバウンドにも期待したい。

     

    天理大学

    昨年度の今大会では惜しくも上位に食い込むことができなかったが、今年の新チーム一発目の大会で優勝を飾り、勢いをつけたい。そんな天理大学の大黒柱的存在は幡本(4年・福岡第一高)、とにかく視野が広くトリッキーなパスは必見。天理大きってのビックマンのイビス(3年・Laizel  hill)は高身長を生かしたプレーで天理大のシステムオフェンスの要になるだろう。谷本(2年・広島皆実高)の勝負どころで放つ高確率なミドルシュートは今シーズンも健在だ。

     

    流通科学大学

     守って・走って・勝つことをチームの目標として一試合一試合観客を魅了する。下級生ながらも上級生にも当たり負けしないフィジカルを持つ龍(2年・育英高)やガッツあふれるプレーでチームを盛り上げる松本(3年・光線高)。どんな試合でもチームの要となり、オールラウンダーなプレーを生かしチームを勝利に導いていく安藤(4年・愛知産業大学工高)率いる流通科学大学。今大会も好ゲームを見せてくれることは間違いないだろう。

     

     

    Cブロック

    関西学院大学

     チーム一丸となり今大会三冠を達成するために闘志を燃やしている関西学院大学。高いオフェンス能力を持ち、シュートは正確無比。得点を量産する攻撃型PGの渡邊(4年・関西学院高)、リバウンドならだれにも負けないゴール下の覇者池島(3年・桜ノ宮高)、正確な判断とパスでチームを引っ張り流れ生み出す堤(2年・福岡大大濠高)。この三人以外にも注目すべき選手が多いとても選手層の厚い優勝候補の有力な一校だ。

     

    甲南大学

    サイズも技術も長けているわけではないが、観ていて思わず応援してもらえる学生らしいチームになってきている甲南大学。インサイド・アウトサイドの両面で得点を重ねにいく佐藤(4年・名古屋大谷高)、高身長を活かしたリバウンド、そして自ら速攻も仕掛ける雜賀(4年・須磨翔風高)を中心に置く。だが、3年生ながらチームからの信頼も厚く司令塔としてチームを引っ張っていく田中(3年・川内高)にも是非注目してもらいたい。

     

    大阪商業大学

     今年度のリーグ戦で1部リーグへの昇格を目指すための最初の大会。ディフェンスと優れた状況判断でチームを支える秦(4年・徳島市立高)、力強いリバウンドでゴール下を支える金本(4年・神戸科学技術高)やインサイドプレーを得意とする土居(4年・金光藤蔭高)の最上級生を中心にしたプレーの大阪商業大学は見物だ。

     

    同志社大学

    関西制覇の四文字を強く胸秘め今大会に臨む同志社大学は、高いシュート能力を持つ荒谷(4年・洛南高)を中心として、スピードを生かしたドライブが持ち味の高山(4年・大分舞鶴高)や、長い手足を武器にリング下を制す元田(3年・福岡大大濠高)などの他にも高い能力を持った選手が数多く存在する。そんな同志社の試合は観客を熱くすること間違いないだろう。

      

     

    Dブロック

    関西大学

    正確なシュートと鋭いドライブでチームを引っ張るキャプテン福澤(4年•東海第三高)、長身ながらも広いシュートレンジで相手を翻弄し、ゴール下で見せる華麗な一対一で得点を重ねる川上(3年•尽誠学園高)、リバウンドに飛び込み速攻で走る懸命なプレーが持ち味の井上(2年•東海第三高)など、目の離せない選手が多い関西大学。伝統あるチームの意地を見せ、KAISERS旋風を巻き起こせるか。

     

    芦屋大学

    近年、目覚ましい成長を遂げている芦屋大学。巧みなボールハンドリングからのスクープショットをこなす石川(4年•福岡第一高)、ジャンプシュートを主体とし得点を量産する佐藤(4年•明成高)、バランスの取れたオールラウンドプレイヤーの梶井(4年•星翔高)と、選手のパフォーマンスにも着目してほしい。このまま優勝まで走り抜けることができるか。

     

    大阪体育大学

     一年で1部リーグへ復帰し、関西新人選手権でも34年ぶりに優勝を果たし、今もっとも勢いがついているチームだ。チームの中心となっているのはキャプテンの木全(4年・安城学園高)で高さのあるリバウンドとトリッキーなプレーから得点を量産する。常に冷静な判断を兼ね備え、落ち着いたゲームメイクをする杉本(3年・和歌山北高)や多彩なオフェンス力が魅力であり、シューターとして磨きがかかってきている新人戦で最優秀選手賞を獲得した内藤(2年・東住吉総合高)にも注目だ。

     

    大阪学院大学

    粘り強いディフェンスをモットーにバリエーション豊富なオフェンスが見どころの大阪学院大学は、持ち前のスピード感のある攻めで得点を稼ぎにいく若槻(4年・大阪学院大学高)や華麗なスティールでチームに貢献し、自らも得点を取りにいく合田(4年・淀川工科高)。どこからでも点を稼げるオフェンス力を持っている澤邊(3年・九州学院高)。毎年見事な試合を見せてくれている大院大、今年はどのようなパフォーマンスで観客を魅了してくれるのか。