• HOME
  • 編成表
  • 理事・学生委員
  • 過去の記録
  • リンク
  • 大会リンク
  • ▼大会リンクページ NEW

     

    Information

          2017年度テーブルスコア

    平成28年度関西学生バスケットボール1部リーグ戦 VOD放映中!→

     ustv

    学連の活動にご興味ある方は
    いつでもご応募ください!

     学連委員募集!

    Line Stamp"ラブバスケ"販売中

     ustv

    連盟事務所アクセスマップ

    大阪市中央区大手前1丁目7-31
    OMMビル 13階 L1

     

    カテゴリー:レポート

    大会レポート②:「明と暗を分けるもの」

    バスケットボールはよく実力差の出やすいスポーツだと言われる。

    では、実力が拮抗し合ったチームが対戦した時、わずかな差、その勝負の明暗を分けるものとは何だろう?

    本日の第二試合、大阪体育大学vs大阪教育大学の試合がその答えの一つを教えてくれたかもしれない。

     

     

    試合は大教大が#17安部(2年・尽誠学園高)の3Pシュートで先制する。対する大体大も#12高崎(4年・和歌山北高)の安定したインサイドプレイで盛り返す。

    序盤から大教大は3Pシュートを高確率で沈め、大体大がドライブや合わせでピタリと背後に着く展開となる。どちらかが点を取れば片方が取り返すまさにシーソーゲームで、両者均衡を保ったまま、37-36と大体大1点差リードで前半を終える。IMG_1389

    第3ピリオド、大体大#4武田(4年・市立尼崎高)が大教大に牙をむく。鋭いドライブからパスやシュートで相手DFをかく乱すると

    たまらず大教大はファウルを重ね、フリースローを与えてしまう。このフリースローを大体大はきっちり決め、一歩抜け出す展開に。IMG_1452

     

    第4ピリオド、大教大は#4須川(3年・明成高)や#17安部の得点で一時はリードを奪い返すも、チーム全体としてフリースローが決まらずセーフティーリードにすることができない。我慢が続いた大体大は、速攻やリバウンド、フリースローなどで加点し、再びリードを奪い返す。

                             IMG_1346

     

    大教大は終盤、#6山野(1年・尽誠学園高)が起死回生の同点3Pシュートを決めるが、大体大はもらったフリースローを6本連続で決め、大体大が87-84で逃げ切った。IMG_1441

     

    勝負を決めたのは「フリースロー」だった。大教大の成功率10/15と66%に対し、大体大は23/26と88%と高確率で成功させた。

    実力が拮抗する2チームだからこそ、フリースローのような地道な得点が勝敗に左右したのではないか。

     

    言い換えれば、接戦を制するにはフリースローがカギを握るのではないか?・・・と言うことだ。

    1点を争うゲームでは、1つのミスが命取りになる。

    今回は我慢を続けフリースローを決めた大体大に軍配が上がった。

     

     

    いやしかし、試合終了後に互いをたたえ合うその姿からは、バスケットボール・チームスポーツの素晴らしさを改めて教えてもらったような気がする。

     IMG_1461

    関西学生バスケットボール連盟 広報部 木田