• HOME
  • 編成表
  • 理事・学生委員
  • 過去の記録
  • リンク
  • 大会リンク
  • ▼大会リンクページ NEW

     

    Information

          2017年度テーブルスコア

    平成28年度関西学生バスケットボール1部リーグ戦 VOD放映中!→

     ustv

    学連の活動にご興味ある方は
    いつでもご応募ください!

     学連委員募集!

    Line Stamp"ラブバスケ"販売中

     ustv

    連盟事務所アクセスマップ

    大阪市中央区大手前1丁目7-31
    OMMビル 13階 L1

     

    カテゴリー:レポート

    大会前特集②:同志社大学

    チームの顔とは何だろう。

    一般的にチームを代表する欠かせない選手のことを言うのだろう。

    しかし、顔をチームにおける体の一部とするならば、目立たずとも地道に働き続ける脚もまた

    必要不可欠な一部といえるのではないか。

     

    同志社大学バスケットボール部には2人の選手がいる。田野司(3年・北陸高)と谷口淳(3年・桜宮高)の関西選抜コンビだ。

    2人は昨年度関西選抜に2年生ながらも選出され、華々しいコースを歩んでいるまさにチームの顔ともいえる存在だ。

    では、同志社大学における脚とは誰だろう。

    リバウンド争いに参加し、ここ一番での得点を決め、チームを鼓舞する仕事人

    石川賢太(4年・洛南高)ではないだろうか。

    「自分の役割は4回生としてチームを引っ張るのはもちろん、誰が調子が悪くても

    安定してチームに貢献するプレイをすることですね」と石川選手。

     2012リーグ戦 030

     

    昨年のリーグ戦では半分以上の試合でスコアリーダーとなる活躍を見せたが

    それまでずっと順調な選手生活だったというわけではない。

    高校3年生~大学2回生の春まで原因不明の膝の怪我に悩まされ、バスケットから

    離れることを余儀なくされていた。

    「いつ復帰できるかわからないし、このままずっとバスケができないのではという

    不安もあった。けれど、復帰した時のために走り込みやリハビリは手を抜きませんでした。」

     

    2012リーグ戦 061

    なんとか復帰した後も、遠く試合から離れていたせいか試合勘が戻らない。

    チームと上手くかみ合わず戸惑いを感じていたという。

    しかし、彼の重ねた地道な努力は着実に実を結んでいた。

    昨年度、西日本大会ではスタメンとしてチームの準優勝に貢献し決勝戦で解説者は

    「同志社大学の躍進は彼なしでは語れない」と評している。

     

    石川にとってラストイヤーとなった今年度。2012インカレ 029

    今年度の意気込みを「インカレを経験して、自分たちのプレイが関東でも通用することが分かりました。

    今年はインカレでベスト8以上、オールジャパン出場を目標に頑張ります!

    もちろんそれまでに関西制覇は必ずします!

    と語ってくれた。

    脚となり根元から同志社大学を支える彼を礎に、まずは「関西制覇」に向けて駆け抜ける!!

     

     関西学生バスケットボール連盟 広報部 木田