• HOME
  • 編成表
  • 理事・学生委員
  • 過去の記録
  • リンク
  • 大会リンク
  • ▼大会リンクページ NEW

     

    Information

          2017年度テーブルスコア

    平成28年度関西学生バスケットボール1部リーグ戦 VOD放映中!→

     ustv

    学連の活動にご興味ある方は
    いつでもご応募ください!

     学連委員募集!

    Line Stamp"ラブバスケ"販売中

     ustv

    連盟事務所アクセスマップ

    大阪市中央区大手前1丁目7-31
    OMMビル 13階 L1

     

    カテゴリー:大会展望

    大会展望

    1部リーグ

    近畿大学

    関西選手権大会において最優秀選手賞に選ばれたキャプテン甲斐(4年・近畿大学高)がガッツ溢れるプレイでチームをまとめる。安定感のあるシュートを放つ橋本(3年・尽誠学園高)、ランニングプレイを得意とする野呂(4年・大塚高)やハイポストからのドライブを武器とする松本は高い戦力を誇る。また、インサイドで猛威を振るうシェリフ(2年・沼津中央高)の絶対的なリバウンドはどのチームも手を焼くだろう。相手チームのミスを誘う粘り強いディフェンスからの速攻をチームの武器とし、全勝優勝で大会2連覇を目指す。

    大阪学院大学

    器用にプレイをこなす藤田(3年・福知山成美高)がチームの大黒柱となる。合田(2年・淀川工科高)と澤邉(1年・九州学院高)の存在は相手にとって脅威となるだろう。どこからでも得点を稼げるオフェンス力でチームに貢献する。また、粘り強く相手の嫌がるディフェンスを得意とする藤原(4年・大阪学院高)や、低身長ながらも高い運動力と的確な判断力を備え持つ西原(4年・松山城南高)にも目が離せない。粘り強いディフェンスを信条にバリエーションのあるオフェンスを展開する。

    関西学院大学

    今年度の関西学生選手権準優勝。西日本大会ベスト8と順調にチームを仕上げてきている関西学院大学。このチームの中心は、なんといっても今年、関西選抜に選ばれた高確率の3Pシュートで得点を稼ぐ渡辺(2年・関西学院高)と力強いセンタープレーでチームを鼓舞する松田(1年・名古屋大谷高)の二人に注目だ。また、絶妙なアシストで周りを活かす井上(3年・初芝橋本高)や、堅い守りで外角のシュートを得意とする樋口(2年・鳥羽高)、高い身体能力でリバウンドを量産する池嶋(1年・桜宮高)。若手を中心に関西制覇を狙う。

    同志社大学

    チームの顔にまで成長し司令塔となりゲーム操る田野(3年・北陸高)と、ディフェンスやリバウンドで抜群の存在感を見せガッツ溢れるプレイが持ち味の谷口(3年・桜宮高)との3年生コンビが主力となる同志社大学。また、チームの大黒柱である仕事人石川(4年・洛南校)が抜群のバネを生かして攻守にわたり貢献する。加えて、独自のリズムとパフォーマンスでチームを勢いづかせる仲西(3年・奈良一条高)の活躍も見逃せない。下級生主体のチームだが上位に食い込む実力は十分だ。

    天理大学

    本大会優勝候補の1校である天理大学。バラエティ豊富な得点パターンを持つ相馬(4年・宮崎工高)、独特なリズムのドリブルで相手を翻弄する新里(3年・未来工科高)や、勝負所でのシュート力と鋭いドライブを兼ね持つ藤森(3年・佐賀北高)がチームの顔となる。また、高身長を武器とするサイモン(2年・MASENO高)、リバウンドやディフェンスなどの泥臭い仕事を頑張る川田(2年・星翔高)は必見。伝統である多彩なセットオフェンスとタイトなディフェンスで優勝を目指す。

    立命館大学

    堅実なプレーで、メンタル面での柱となるキャプテン水鳥(4年・神戸科学技術高)がチームをまとめる立命館大学。チームの得点源となる古倉(3年・桜宮高)と上田(2年・宇部工業高)はアウトサイドの高い得点能力を誇る二人だ。また、インサイドは今大会が最後のリーグ戦となる村井(4年・京都大谷高)が体を張る。リバウンドの職人でもある石塚(3年・桜宮高)。アウトサイド、インサイドと高い身体能力を持つメンバーが揃う立命館大学。今季の目標である「インカレ初戦突破」に繋げていきたいところだ。

    京都産業大学

    ここ数年思ったように成績が残せていない京都産業大学は、絶妙なパスセンスを持ち時には切れ味のあるドライブで得点する石川(4年・興誠高)を中心に、驚異的な確立でアウトサイドシュートを沈める小林(2年・大商学園高)ら攻撃型ガード陣がチームを牽引する。持ち前の身体能力を生かし内外で奮闘する大八木(4年・東山高)と、優れた得点能力を持つ福島(3年・東舞鶴高)のインサイド陣も注目だ。インカレ出場を目指して、チーム一丸となって挑むだろう。

    大阪産業大学

    昨年度、入れ替え戦に勝利し1部リーグに残留した大阪産業大学。今年度こそはと意気込むが、まだ思うような成績が残せていない。それ故にこのリーグにかける思いはどのチームよりも強いだろう。確率の高いシュートが武器の山田(4年・大商学園高)が大黒柱としてチームを牽引する。予測不能なオフェンスで相手を翻弄する宮武(3年・大商学園高)、インサイドで体を張る山下(4年・大商学園高)、勝負所で3ポイントを的確に決める小幡(3年・星翔高)など、タレントに不足はない。応援席と一体となって戦いONE FOR ALL ALL FOR ONEを合言葉に悲願の関西制覇を目指す。

    大阪体育大学

    突出した選手がいるわけではない大阪体育大学だが、多彩なオフェンスで敵を翻弄し安定したシュート力でスコアを伸ばす高崎(4年・和歌山北高)や、得意のドライブで1on1に持ち込み得点を量産する武田(4年・市立尼崎高)など、能力の高い選手が多数控えている。キャプテン打江(4年・美濃加茂高)を中心にチーム一丸となり、徹底したディフェンスからの速攻をモットーに、一気に上位へと食い込むことができるか期待したい。

    流通科学大学

    昨年度、1部リーグへ昇格を果たした流通科学大学。的確なパスが持ち味の南家(3年・育英高)がチームを盛り上げる。ゴール下の番人である杜(2年・クラーク国際)が力強いプレイを、高い運動能力を持つ新宅(3年・津幡高)は跳躍力を活かしたプレイでゴール下を制す。また、トリッキーなプレイを得意とする安藤(2年・愛知工高)もチームに貢献する。1部の強豪校を相手に得意のオールコートプレスがはまれば勝利も見えてくるだろう。昨年度の入替戦で見せた爆発力を発揮できるか見物である。

     

    2部リーグ

    ユニバーシアード日本代表に選出された藤高(4年・大阪商業大学高)擁する関西大学は関西選抜に選ばれた山下(4年・尽誠学園高)など役者が揃っており、入れ替え戦に持ち込まれることは間違いないだろう。また、関西を代表するセンターにまで成長した三島(4年・金岡高)が所属する大阪経済大学や、近年力を付けてきており成績を伸ばしている甲南大学など激戦が予想されるだろう。

     

    3部リーグ

    昨年2部昇格に一歩届かなかった阪南大学、四天王寺大学や惜しくも3部降格となった神戸学院大学がこのリーグの顔となるだろう。また、4部から昇格してきた和歌山大学や太成学院大学が1つ上の舞台でどれだけ通用するのか注目だ。

     

    4部リーグ

    センスのある選手が在籍している桃山学院大学や京都橘大学に注目がおかれるだろう。昨年度の入れ替え戦で見事4部に昇格した神戸市外国語大学と京都精華大学はこのリーグをどう戦い抜くのか楽しみだ。

     

    5部リーグ

    昨年激戦区となった5部リーグだが、やはり6部から昇格してきた芦屋大学に注目がおかれる。4部昇格は間違いないだろう。だが、それを阻止するチームがでてくるかどうか見物だ。

     

    6部リーグ

    本大会再加入したプール学院大学の実力は未知数であるため、他チームも警戒していることだろう。力が均衡した6部リーグで5部へと昇格できるチームがでてくるか楽しみだ。